医学部への勉強法vol.2

今回は、医学部受験に向けて何が一番大事かを述べていきたい。

医学部受験に限らず、受験一般的によく聞かれる質問の一つである。

自分の答えは

精神論で言うと’諦めないこと’。具体的に言うと’数学’である。

 

諦めないことというと何を当たり前なと思うかもしれない。しかし、正直浪人生になったことがある人はわかると思うが、一年間勉強するだけが意外にしんどい。もちろん、浪人して遊んでいる人もいるので、その方々を除いて考えてください。基本的に基礎学力がある人は、同じことの繰り返しとなってしまうため、非常に飽きてしまう。そして、自分も含め凡人には偏差値は65~70らへんで頭打ちになる人が多い。これでは、医学部受験は全国どこを受けるにしても確実には合格しない。特に国公立では厳しいだろう。そして駄目だった場合、また同じ繰り返しである。このことに耐えられるかということだ。正直、今現在では医学部は多浪しても入る価値のある学部であるので、医学部を目指す方は諦めないこと。これを肝に銘じてほしい。

 

後、数学に関しては次回に詳しく述べるが、本当にほぼ数学で合否が分かれる。逆に数学以外で悩まれている方はまず、数学以外を他の受験生と同程度できるようにならないと合格しないだろう。

 

続く

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です