私たちの詳しい紹介

-小原一将-

「なぜこの事業を始めようと思ったか」

5歳くらいの頃から漠然と医師になりたいと思い、だれに言われるまでもなく勉強し始めた。

親や周りの人たちは医師を目指しているというだけで、私のことを称賛してくれるようになり、私もそれに対して悪い気はしなかった。

結果、二浪もさせてもらったにも関わらず私立の薬学部を卒業し、臨床心理が学べる大学院にも通わせてもらったが、現在薬剤師として働いている。

振り返ってみると、医師を目指したことが悪いのではなく、医師になることにしか目を向けなかった自分が悪いと思うようになった。

医師も薬剤師もその他の職業も全てに良い悪いはない。時代によって変化する必要はあるが、その職業にはそれぞれの良さややりがいというものがある。重要なのは、それを目指す理由、つまりそこに至るまでのプロセスであると思った。

自分は中学、高校、そして大学と他の職業にあまり関心を持たず暮らして社会に出てしまった。あの頃、様々な職業について調べて多様な生き方について共に考えてくれる人がいれば良かったと思っている。

そのような理由があり、私が学生時代を過ごした時よりももっと生き方の選択肢が増えた今の世の中では私と同じような生活をしている人もいるのではないかと思いこの事業を始めようと考えた。

学歴

広島市立鈴が峰小学校

私立広島城北中学校・高校

浪人(2年:代々木ゼミナール、河合塾、個人塾)

私立京都薬科大学

国立香川大学教育学研究科臨床心理専攻(中退)

教育費用については準備中

職歴

日赤前A薬局(パート)

整形・小児科前T薬局(正社員)
⇒泌尿器科・透析科前K薬局(移動)
⇒整形・小児科前T薬局(移動)

地方総合病院前T薬局(正社員)
⇒地方総合病院前K薬局(移動、管理薬剤師)
(地方総合病院前T薬局(ヘルプ)

精神科前F薬局(パート)

地方総合病院前S薬局(パート)

地方総合病院前I薬局(パート、買収交渉あり)

精神科前A薬局(パート)

内科・小児科前M薬局(パート)

大手ショッピングモール中薬局(派遣)

大学病院前A薬局(派遣)

形成外科門前、在宅・施設特化型S薬局(派遣)

耳鼻科前薬局にて在宅・新規ビジネス担当として勤務中(正社員)

薬剤師歴約8年


-小原一剛-

「なぜこの事業を始めようと思ったか」

自分は子どものときから医師を目指し、浪人をした後、薬学部に進学し、仮面浪人を経て、医学部に進学をして日々勉強をしている。

振り返ってみて、医師を目指した子どものときの夢の通りになってはいるが、かなり回り道をした。もっと勉強しておけばよかったという後悔はないが、唯一残念だったと思うのは、他の職業について深く考えたことはなかったことである。

医師への魅力はもちろん現在もある。ただ、魅力的な職業はたくさんあることに気づき始めた。回り道をしたおかげで、色々な人とお話する機会があったが、半数ぐらいの人は親が医療系だから医療系を目指している。この中で一度落ち着いて考え、正確な情報を提供されれば、もっと違った人生を歩む人もいたはずである。

医療職を否定するのではなく、後悔しない人生の選択をしてほしい。そのように考え、この事業をスタートした。

学歴

広島市立鈴が峯小学校

私立広島修道中学校・高校

浪人

国立岡山大学薬学部(中退)

私立大阪医科大学(在学中)

教育費用については準備中